プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
●売買経験:3ヵ月
●市場:東証→全て
●資金:100万→40万
●投資スタイル:現物、急落銘柄→テクニカル分析(日足分足板情報歩み)
●目標:月6万円→なし
●証券会社:実売買は手数料無料丸三証券/売買ツールは松井証券 のネットストックハイスピード
スポンサードリンク
検索
Google
Web このサイト内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
hydetにメールを送信

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
66日目
●2006年5月15日(mon)


日経平均株価日足チャート


東証マザーズ指数日足チャート
大暴落の予感──前場はそんな思惑が市場に漂うくらい下げたんですが、そのうち反発して上げてきた。それでも終わってみれば東証平均株価は5日連続の続落。要するに、「安くなってきたから買いたいと思う痩せた投資家」と「安くなっちゃったから売りたいと思う太った投資家」の間で売買され、結果太った投資家が少し痩せた。これが実態なんじゃないでしょうか。
今株を持っている投資家を「太った投資家」、今株を持たない投資家を「痩せた投資家」と揶揄して言い表したわけで、自意識過剰なあなたのことを指したわけじゃない。太っちょの方は「暴落が始まるんじゃないか」と痛ましいほど弱気に持株を売ってしまうわけです。これに対して痩せの方は「反発しそうだな」と期待するんですが、5日連続で全体の株が下げていればスリムな身であってもつい気になって二の足を踏む。売るデブと買わないガリ。需給関係で物の値段は決まる、そんな高校生レベルの理屈からすると値下げ。だから全体の株価は下がっているとこういうわけなんです。
そんな俗っぽい茶番とは幸い縁遠い痩せた投資家である私は、株を持っていないもんだから細目で下げては次第にしょんぼりと萎えてゆく市場の風景を眺めていた。実はあんまりのんびりしすぎて、いつもの見慣れた株が急落した時、買うタイミングを逸してしまった。それですっかり元気をなくして別の株にうつろな目を向けていると、幸運にも偶然反発しかけている株を見つけましてね。以前の失敗経験から小娘のように慎重になっていたので、これを買うのに「虎穴にいらずんば──」などと自分によく言って聞かせなくてはならなかった。それでも何とか間に合いましてね。
じっと我慢し続けた結果、当然のことながら反発したのでさっさと売りました。前場終了間際に買われるなんて幸運でしたよ。とらのあな──思い出すだけでも恐ろしい。
■本日の株式
[買]NECネッツエスアイ(東証1部:1973) -767,900円
[売]NECネッツエスアイ(東証1部:1973) +771,900円
[-]トキメック (東証1部:7721) -円
[-]日本空港ビルデング(東証1部:9706)
[-]松井証券の手数料 -1,120円
合計:+2,880円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-05-15(Mon) 20:55:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。