プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
●売買経験:3ヵ月
●市場:東証→全て
●資金:100万→40万
●投資スタイル:現物、急落銘柄→テクニカル分析(日足分足板情報歩み)
●目標:月6万円→なし
●証券会社:実売買は手数料無料丸三証券/売買ツールは松井証券 のネットストックハイスピード
スポンサードリンク
検索
Google
Web このサイト内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
hydetにメールを送信

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ADR(American Depositary Receipt) 米国預託証書[べいこくよたくしょうしょ]
ADRとは、米国市場で外国企業が発行する証券で、株を所有するのと同じ効力があるもの。
American Depositary Receiptの略で、日本語では米国預託証書という。「外国企業・外国政府あるいは米国企業の外国法人子会社などが発行する有価証券に対する所有権を示すもので、米ドル建ての記名式で譲渡可能な預り証書」のことである。1928年に、米国人が外国株式への投資を容易にすることを目的に作られた。日本でも数多くの優良企業がこのADRの制度を使って証券を発行し米国市場に上場している。いくつかの中国株についても、ADRの形で米国市場で買うことができる。
日本企業で上場しているのはキリンビール、トレンドマイクロ、富士写真フイルム、日立製作所、NEC、松下電器産業、ソニー、TDK、三洋電機、マキタ、アドバンテスト、京セラ、日産自動車、トヨタ自動車、ホンダ、キヤノン、三井物産、三菱UFJフィナンシャル・グループ、オリックス、野村ホールディングス、ミレアホールディングス、NTT、NTTドコモ、コナミ。
スポンサードリンク


スポンサーサイト


株式用語 証券用語 | 【2006-06-20(Tue) 19:14:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。